資料請求オープンキャンパス

環境学部

街の自然への興味を
学びに、そして将来へつなげる

環境学部

地球温暖化や砂漠化、食料や水の問題など、この時代の最大の課題のひとつである環境問題を解決するためには、二つの力が必要です。ひとつは、地球や地域で起こっている現象や自然の劣化・修復のメカニズムを解明する自然科学的なアプローチ。そしてもうひとつは、人や地域や社会の意識をどう変えていくか、地球社会でどう取り組めばいいのかという社会科学的なアプローチ。 その二つのアプローチをうまく融合させ、さらに同じキャンパスにあるメディア情報学部との相乗効果も得ながら、"現場での実践力“を育めるところが、当大学の環境学部の大きな強みです。また、座学だけではなく、国内外の森林や地域、産業界などのフィールドで、五感をフルに使い、コミュニケーション能力や自主性、行動力を磨けるところも他にない特徴です。さまざまな分野で活躍する卒業生を誇る本学部で、“成長が実感できる”4年間を体験しませんか。

環境学部環境創生学科Restoration Ecology and Built Environment

環境創生学科

生態系と都市・人間活動の調和・共生・融合をめざす環境の創生

環境創生学科では、生態系と都市・人間活動との環境調和によって、自然共生や環境負荷の軽減を図りつつ、快適で豊かな環境や空間の創出を図ります。環境共生型・持続可能型社会の実現をめざし、生態・都市環境に関わる様々な経験と科学的思考力、技術の獲得、資格取得、コミュニケーション力と実践力を高め、これからの時代をけん引する人間力の向上をめざします。また、海外プログラムと海外フィールド演習などにより、グローバルで活躍できる人材育成を行います。

環境創生学科で学ぶ特徴

環境創生学科では、目標を達成するために、下記の能力や技術の獲得を行います。

  • 科学的思考力
    科学的思考力が重要と考え、環境問題を理解するためのベースとなる、生物学、生態学、環境化学、物理学、数学、都市工学、建築学、行政学、法学、社会学、経済学などの理論や科学的知識を学び、思考力を身につけます。
  • 現場力
    私たちは現場重視という姿勢を持っており、生態環境分野・都市環境分野の双方でフィールド調査や化学測定・測量実習などの実態把握・計測方法を学び、現場から感じ取る五感の力と、科学的に把握する技術を学びます。
  • 分析・評価予測・
    計画設計力
    環境問題のメカニズムを解明する技術、実態を評価し将来予測ができる技術を獲得し、解決に向けた企画・計画・設計力を身につけます。それらを可視化するために、手による図化表現からITを駆使した表現技術を学びます。
  • ビジネス・
    キャリア形成力
    ビジネスで必要なグループワーク力を高めるために、多様な演習で、グループディスカッション力、プレゼンテーション力、実践力を高めます。また、様々な資格の取得を支援し、所定の講義を受講することにより認定を受けれる測量士補や自然再生士補、また技術士補や宅地建物取引士ほか多くの資格取得を支援しています。

生態環境分野授業風景

  • 森林・保全林の実態把握
    森林・保全林の実態把握
  • ビオトープの管理
    ビオトープの管理

環境化学の授業風景

  • 環境化学の授業風景

都市環境分野授業風景

  • 都市環境の再生と緑
    都市環境の再生と緑
  • 都市空間の実態把握
    都市空間の実態把握

環境学部環境マネジメント学科Environmental Management

環境マネジメント学科

作る、使う、回収して再利用することを効率的に行う持続可能な社会の実現

環境マネジメント学科では、環境と環境問題への意識と理念、環境問題の対処方法を勉強すると同時に、組織(企業と自治体)と個人の「作る、使う、回収して再利用する活動」に関わる経営手法(企画と立案、組織、実施、改善)、そして政策手法(政策立案、政策過程、評価)を勉強することで幅広い視野を身につけることができます。環境やISO14001規格の知識を武器にして企業経営や実社会における問題発見・問題解決のできる人材を育成します。また、海外への長短期留学(たとえばTAP)により英語ができ、多様性を尊重できるグローバルな人材を育成します。

  • 持続可能な社会の実現

環境経営

経営改善に環境視点を加えたものです。「作る、使う、回収して再利用する活動」の至る所に環境問題を明確化し、定量的に評価する考え方と解決方法を学ぶことができます。さらにそれを組織や個人の様々な経営改善活動に組みこみます。

環境政策

環境問題は社会問題であり、社会、法律、経済、教育などが絡み合う複雑な問題です。問題解決のための法整備や市場経済のあり方、環境政策とその形成プロセスに関する理論と方法を学び、持続可能社会実現への経路を模索します。加えて、環境政策を評価する定量的分析手法のスキルを身につけることができます。

  • 環境やISO14001の
    知識を実践力に
  • 学科教育やTAPを通じて
    グローバル人材に
  • 少数精鋭で
    能力をみがく
  • 教育に裏付けられた
    高い就職率